カラーセラピスト資格認定講座


カラーセラピストは、「誰かの悩みを色でケアできたら」「日々のストレスケアをもっと手軽にできたら」という思いから生まれた資格です。

カラーセラピーとは?

「カラーセラピーって何?」という方は、こちらを先にお読みください。⇒カラーセラピーとは?

 

この「カラーセラピスト資格認定講座」は一般社団法人日本色彩環境福祉協会認定の講座です。

■修了後は、一般社団法人日本色彩環境福祉協会の登録カラーセラピストとして資格登録する権利を得られます。受講後は、ご自身でカラーセラピスト講座をおこなうことができますから、「カラーセラピストの資格がほしい」、「カラーセラピストとして仕事がしたい」という方におすすめしたい講座です。

■また、サービスの向上を考えている介護施設様には、スタッフのスキルアップ研修としてもお勧めです。

ご利用者様や入居様のお気持ちが手に取るようにわかったら、もっとお一人お一人に合ったサービスが提供できるのにと思ったことはありませんか。

高齢になるとなかなか自分の気持ちを言葉で説明することが難しくなります。そんな時に色を介して会話をスムーズにする方法があります。色を使ったレクレーションやカウンセリングを行うことで、会話をスムーズにすることが可能になります。

 

カラーセラピスト資格認定講座をおすすめする理由

■心理カウンセリングなどでは、言葉で自分の状態を説明するのもつらいという場面があります。そのようなときも、色に託して語ることができるため、対話の糸口がみつけやすくなります。言葉だけのカウンセリング方法に困難を感じている方や、なかなか自分に合ったセラピー技法が見つからない方にも、新たなアプローチ方法が得られます。

■ここで学ぶカラーセラピー技法は、オーラソーマなどのようなカラーボトルを用いた方法ではありません。カラーボトルの方法はボトルの意味と選んだ人の心理を直接的に結びつけていきますが、この講座で学ぶセラピー技法では、選んだ色の背景について質問をしていくことで相談者のより深い心理状態を導き出すことを目標にしています。また、ボトルなどの道具ではなく、カラーカードを使うため、手軽にカラーセラピーが行えるのも特徴のひとつです。ですから、ボトルを用いた方法に違和感を覚える方や、セラピストとしての行き詰まりを感じる方にもおすすめしたい講座です。実際に「今までのカラーセラピー(ボトルを使ったもの)では、悩みを解決に導くことが出来ずにスッキリしなかった」という方、カラーセラピーってこんなものなのかと思われ「せっかく取得した資格を活かされていない」という方、「カラーセラピーの資格を取る気持ちになれなったかった」という方が学びなおしに来られています。実は私も他のカラーセラピーの資格を取る気持ちにはなれなかった一人です。

■このカラーセラピスト講座では、色彩交流カードやCUS(R)カラーカードなどを用いながら相談者と対話することで、普段は隠されていた自分の気持ちに気づいたり、意識できていなかった自分に出会うことを目標にしています。そのような自分との出会いを通じて、人間関係やセルフイメージの改善を促します。

言葉だけによるカウンセリングに比べて、色という媒介を用いることで右脳が刺激され潜在意識が活性化しやすくなります。色を通じて気持ちを語ることは、自分の奥底にあるものへの気づきが得られやすいのです。

 

カラーセラピスト資格認定講座を学ぶと何ができる

この講座で学ぶのは、色彩理論と心理学、色彩心理とカウンセリング技法を組み合わせて誕生した5つのカラーセラピー技法です。

5つのセラピー技法を通じて潜在意識の声が「気づき」となって届くので、自分が本来どのように生きていきたいのか、どのように人から見られたいと思っていたのか、本当の望みはなんなのか、自分の本当のこころの声を聴くことができます。今、解決したい悩みがある方にもおすすめです。

自分の心のケアのため、他者援助のため、どちらにも活用できるセラピー技法を学べます。
色彩を学ぶのも、セラピーを学ぶのも初めてという方でも、実際のセラピー場面を体験しながら段階を踏んでステップアップしていくので、自然に高度なセラピー技法とカウンセリング技法を身につけることができます。

■この講座はワークが中心となっています。カラーセラピーを行うためには、実際にご自分がカラーセラピーの効果を体験して頂くことが重要です。人は「自分が実際に感じたこと(心が動いたこと)しか人に伝えられない」と私は思っています。だからこそ、講座の中でも実際にカラーセラピーの実技を重視しています。

■カラーセラピストになったからといって、必ずセラピーを行わないといけないわけではありません。
私は、この講座で学ぶ手法を使って、オレンジカフェ(認知症カフェ)や市民講座、パーソナルカラーと組み  合わせた講座等をさせて頂いています。私の行ってきた市民講座のコンテンツやオンラインのイベントなどの内容も講座の中ではお話しています。そんなことを参考にして、講座受講後すぐにセミナーを開催した卒業生もいます。

■卒業後も、卒業生同士の交流をしていただきたいと卒業生グループのLINEオープンチャットを開設。交流の中で、お仕事のヒントをもらったり、コラボ企画をしたりなど相互に応援することでスキルアップをしていただければと思っています。

■現在はすべてzoomを用いたオンラインでの開講となっています。

 

講師プロフィール

(一社)日本色彩環境福祉協会の認定教室として「カラーセラピスト資格認定講座」を開講しています。

ユーキャンのカラーセラピスト講座のDVD教材にもカラーセラピストとして出演。
また、カラースクールワム、日本カラリスト協会でも「カラーセラピスト資格認定講座」を担当させていただいています。

日々、薬剤師として体の健康に携わっている中で、心の健康が何よりも大切であることを感じています。

※2018年10月開講のユーキャンの「カラーセラピスト講座」を受講され、検定に合格された方はすでに1000名にも上ります。まだ、受講中の方も含めると毎月100名以上の方が私の姿を目にしていただいているのだと思うととても嬉しくなります。

 

受講期間

カラーワーク技法(色彩心理の理解とセルフケアの方法)7.5時間
カラーセラピー技法(カラーカード等を使用した他者セラピーの技法)7.5時間
カウンセリング技法(事前カウンセリングを含めたより深い他者セラピーの技法)7.5時間

※①から順に受講してください。順を追って受講することで自然にスキルが習得できるプログラムとなっています。

受講料

(①、②、③総額):98,000円+消費税(教材費、検定料、資格登録料込)

教材

カラーセラピー44ドリル、CUS(R)カラーカード64、色彩交流カード88、カラーセラピーやりとりノート、カラーセラピー資格認定テキスト(※受講者のみに配布される教材です)

 

開催日

・3日間集中講座

7.5時間×3日間

 

・6日間コース

4時間×6日間

 

・夜のコース

講師と打ち合わせの上、2時間(20:00~22:00等)✕11回で学んで頂けるコースです。

お仕事で忙しい介護系の方や今現在介護をされている方におすすめです。


いずれのコースも、現在決まっている日程はありません。

日程のご希望は、お問い合わせフォーム又は公式LINEからお願いいたします。

いずれもオンラインでの開催です。

【オンライン講座卒業生のインタビュー動画はこちら】

 


【受講生の声をまとめました】

Q:学んでみてどうでしたか?
■相談者の方の気持ちを後押しする色をカラーセラピストが提案できるのがよいと思いました。
■受講しているうちに、自分のなかにも心の変化がありました。
■カラーセラピストとして、人の気持ちに寄り添うことが学べたのがよかった。
■色彩心理と色彩コラージュ技法がとても勉強になりました。
■たくさんのカラーセラピー技法があるのに驚きました。いろいろな技法の組み合わせがあり、奥が深いと思いました。
■色の持つイメージとその効果。色に囲まれて楽しかった。
■未来の自分とのロールプレイができたこと。

セミナー名

カラーセラピスト資格認定講座

日程
会場 zoomを利用してのオンライン
受講料(教材費込) 107,800円

メルマガ登録受付中!

カラーセラピスト・色彩福祉士が教える ~色の力で生活を豊かにする方法~

TOP